fc2ブログ
 
■カウンター

ただ今電波障害発生中

■プロフィール

JR8PPG

Author:JR8PPG

■1アマ取得キャンペーン
■ためになる本
■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■リンク
■月別アーカイブ

zLog 令和Edition Version 2.8.7.3
以前より機能評価版と称して2.8.7.x系のテストを行っていましたが、良い頃合いなので正式版としました。

結構実用的な追加機能があります。

・Cabrilloの改良。長いNRやサマリー部の入力画面の追加
・USBIF4CW V1/AMD-USB-KEYでのパドル機能
・USBIF4CWでのWPM/リグ切替初期設定
・リグコントロール、VFO-B,ANT切替,FT-1011など
・PCのスリープ対応
・バンドスコープのレジューム
・JARLの会員情報(QSLカード転送可否)の参照

zLog Version 2.8.7.3
https://github.com/jr8ppg/zLog/releases/tag/ZLOG2873



zLog | 22:25:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
QSLカード発行ポリシー?
なんかJARLがQSL遅延解消のためのお願いってのを出したせいか議論が盛り上がっているようです。

当局は基本全局発行です。年に一度、1年分をまとめて印刷してビューローに送付しています。
印刷まで1年ちょっとかかります。印刷してからビューローに送付するまで2~3ヶ月かかります。
ビューローに着いてから転送されるまで1年かかるそうです。最長でQSOからトータル2年ちょっとかかる見込みです。
あいにく在庫の紙が無くなったので、次の発行までは2~3年かかるかもしれません。紙を買うのも大変です。

電子QSLとされるものは、eQSL.ccの他、LoTW,ClubLogに登録しています。ADIFでアップロードできるところなら対応します。
HAMLOGは使っていませんので、hQSLを使う気はありません。

何で全発行というと一番ラクだからです。
1.QSLカードがきたもののみ発行・・・めんどくさい
2.さらにPSEのみ発行・・・めんどくさい
3.コンテスト中にQSLカード欲しい局をメモる・・・めんどくさいというか忘れる
4.コンテスト中にQSLカード未着と言われるかもしれない・・・嫌だ
5.カードが来ないからと言う理由で呼んでもらえない可能性がある・・・嫌だ
従って全発行が簡単です。

ですが、紙代インク代運送料が馬鹿にならなくなってきているので、削減策を講じています。
かなり前から行っていること。
1.1枚に複数QSO(ただしコンテスト毎)(10%↓) ・・・コンテスト毎なのでマルチバンドの局しか効果が無い
2.JARLの転送可否情報の参照(5%↓) ・・・効果有り、確実 →JARL会員検索

2年くらい前からの追加対策
3.eQSL.ccで受信した局は送らない(10%↓) ・・・思ったより減らなかった
4.NO QSLの方が増えて来ているので、なるべく記録してNOQSLリストへ登録(結構、対策2.で賄えます)

次から実施予定の対策
5.ファーストQSOとバンドニューのQSOのみ送る ・・・かなり削減できると予想

こんな感じでやっていきます。
電子QSLが50%超えれば紙は無くして良いと思いますが、現状20%前後と推定します。あと10年かかるかな。

コンテストでのQSOのカード発行の是非については別の議論かと思いますが、必ずファーストQSOやJCCゲットで呼んでくる方がいますので無視できません。それだけです。



無線 | 21:38:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
JARL石狩支部大会
今日はJARL石狩支部大会でしたが、所用のためお休みしました。
近くのサッポロファクトリーには行ったんだけどな、、、
まあ、決算報告と石狩コンテストの表彰だけですからね・・・
お楽しみ抽選会を再開となっていたけど、そのイベントいるのか?とは思います。




無線 | 21:09:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
8支部発足50周年記念講演会
JARL北海道地方本部8支部発足50周年記念講演会に行ってきました。
XX周年記念講演と言うと思い出話があったりしますが、そんなの一切なし。

CQ誌に記事を書いておられるJL8AQH前田OMによる講演です。

IMG_20231104_150640438_2.jpg

演題は「HF帯の電波伝搬」と言うシンプルな物ですが、電波伝搬の基本的な知識から始まり、
最近の動向まで解説頂いた後、先日のブーベ島ペディにてJA局の交信数が多かった点について考察されました。
これがなかなか興味深い話で、仮説を元に検証までやってみて一定の裏付けがとれたと言う内容です。

企画としては良かったですが、何分PR不足なのか参加者が少なめなところが残念な感じがしました。


無線 | 20:55:39 | トラックバック(0) | コメント(0)